본문 바로가기 대메뉴 바로가기
팝업존 열기 팝업존 닫기

Tourism Gangneung JP

江陵コーヒー
江陵に出かけよう 페이지 배경 사진
커피 이미지1

なぜ江陵コーヒーが有名なのか

なぜ江陵コーヒーがこんなにも有名なのか。 江陵コーヒーが特別である理由を探ってみよう。

何よりも江陵コーヒーは美味しい。平昌水と江陵地域の水はすっきりと落ち着いた味が無いことで有名だが、このような特徴によって以前から茶文化が発達した。江陵コーヒーもやはりルーツを共にする。コーヒー文化が韓国に入ってきた1930年代、文化人たちのアジトは専らカフェだった。多くの文化人たちにとって江陵が故郷であったため、コーヒー文化が少し早くに芽を出した。文化の定着において先立っていった訳だ。

コーヒー1世代のパク・イチュ、コーヒー工場のテラロサのような江陵コーヒーの象徴も一役買った。彼らのおかげで江陵コーヒーの専門家集団が生まれ、また、コーヒーを直に挽く文化が急速に広がっていった。 味と趣と文化が香る江陵コーヒーは、故に有名であるのだ。

커피 이미지2

江陵コーヒーとは何か

江陵コーヒーは、単に江陵地域に咲くコーヒーを指したのでは、 江陵コーヒーがこれほどに一つのブランドとしての地位を築き上げることはなかったであろう。

であれば、江陵コーヒーはどのような意味があるのだろうか。 まず、江陵コーヒーは食品である前に歴史があった。新羅時代に始まった茶文化がコーヒー文化へと受け継がれ、他地域と差別化された江陵だけのコーヒーを作り出すことができた。コーヒーの味に精魂を込め、またコーヒーを楽しむ文化と環境との調和において、江陵コーヒーだけの定義があったからである。

江陵コーヒーは文化そのものだ。一部の人だけで始まったコーヒー文化が日常の中に入り込み、都市文化として根付いた。江陵は、夕食の会食後に2次会でコーヒーを楽しむ社会として変貌をとげつつある。事務所や通りではコーヒー弁当を買う人たちも見られる。さらにはコーヒー豆を挽く寺院まである。大型フランチャイズの代わりに特色をいかした個人のコーヒーショップが多い。このようにして江陵のコーヒーは地名以上の歴史と文化の意味をもっているといえる。それがまさに江陵コーヒーなのだ。

커피 이미지2

いつから江陵コーヒーの歴史が始まったのか

江陵コーヒーの歴史は、江陵の茶文化を調べてみると分かる。

江陵茶の名残は新羅時代に南項津あたりに「寒松亭」というあづま屋で、新羅の花郎たちがお茶を入れて飲んだ茶具を見ることができる。では、江陵茶がこれほどまでに有名になった理由は何だろう。まさに白頭大幹の深山幽谷から流れる石間水の特別な味が江陵のお茶を有名にしたのだ。コーヒーも嘉俳茶という昔の名前から分かるように、茶の一種と考えられる。故に、茶文化の由緒深い江陵でコーヒーが有名になったのは当然のことなのだ。つまり、恵まれた自然環境、そしてお茶を楽しむ文化が非常にあう「江陵コーヒー」の歴史が生まれ、「江陵コーヒー」というひとつのブランドが作られたといえる。

커피 이미지2

江陵コーヒーの楽しみ方

コーヒーを飲む。コーヒーに関連した商品を眺める。
コーヒーによく合うデザート選ぶ。直接コーヒーを入れること。
すべての経験と需要を一ヶ所に集約した場所がまさに江陵のコーヒーフェスティバルだ。

江陵のコーヒーフェスティバルは、2009年から毎年開かれている。フェスティバル会場では、ブースごとに香りと味が異なるコーヒーを味わうことができる。また、普通では経験することが難しいハンドドリップやコーヒーに関連した商品を作る体験も楽しむことができる。江陵のコーヒーを長く大切にしまっておきたい人たちのためにテラロサなどの有名どころの豆を直接選んで購入することができる。コーヒーを専門的に習った人、またはコーヒーを嗜好食品として考えていた人たちがいちどにコーヒーを楽しむことができるのがまさに江陵コーヒーフェスティバル会場だ。年ごとに多彩なプログラムがフェスティバルを盛り上げ、秋の収穫時期に江陵コーヒーフェスティバル会場に足を運んでみよう。

커피 이미지2

どこで江陵コーヒーを楽しめるか

江陵のコーヒー名所では味覚の美感を感じることができる。

テラロサ、コーヒーを専門的に知る人たちでなくても一度くらいは聞いたことがあるだろうこの名所は、当初コーヒー工場として始まった。そのため、テラロサ室内の雰囲気は倉庫とカフェの間くらいの微妙な雰囲気を醸し出している。ビンテージ品を感じよく配置したインテリアのおかげで、元々有名だったコーヒーの味がさらに甘みをおびる。そこに座っていると、味覚と視覚で味わう楽しさをまさに体全体で感じることができる。

さらに江陵には、韓国コーヒーを栽培するコーヒー農場がある。江陵の旺山面大関嶺の麓に行くと、韓国最高のコーヒーの木を見ることができる。コーヒーの木の存在によって、本当に江陵がコーヒーの名所であるということが認定されたことにもなる。最近では、5~7月の間に旺山コーヒー農場でコーヒーフェスティバルが行われるというから、名所を超えてコーヒーアイコンとしてその地位を確立したコーヒー農場に行ってみよう。 世界で6番目のコーヒー博物館もやはり江陵にある。博物館には現在の江陵だけでなくイギリスやアメリカなどの初期のコーヒー文化を垣間見ることができる器などが相当数展示されてある。落ち着いてクラシックな室内がコーヒーの色とよくあっている。絹のサランチェと小さな図書館では、人びとが昔からコーヒーを学び分かち合ったりした。